心に花を咲かせようプロジェクト - プロジェクトについて

kokosite_top.jpg

kokosite_page_1project.jpg

きっかけとなった《あすという日が》
きわめて大きな被害をもたらした東日本大震災。激しい余震も続くなか、被災地である合唱曲が歌われはじめました。震災のずっと前から歌われ続けていた《あすという日が》という合唱曲です(作詞:山本瓔子/作曲:八木澤教司)。──大震災直後、仙台市立八軒中学校の合唱部は、この曲を中学校に避難していた被災者を前に歌いました。その真摯な歌は、被災者の胸をうち涙をよびます。この合唱の様子は、被災地の取材に入っていたNHKテレビによって放映され、全国に大きな反響を巻き起こしました。放送を観られなかった人たちにもあっという間に口コミで広がってゆき‥‥。避難所で希望をこめて瑞々しく響いた《あすという日が》は、自然に〈復興の歌〉として受けとめられるようになったのでした。そしてさらに数々のアーティストによって歌い広められ、2011年暮れのNHK紅白歌合戦でも全国放送されました。これが新しい《心に花を咲かせよう》プロジェクトへとつながってゆくのです。
新しい歌へ~思いをひとつに
大震災より前に書かれた《あすという日が》が〈復興の歌〉として歌われていることを知った、作詞の山本瓔子はたいへんに驚きます。大震災直後から、強い衝撃に打ちのめされていた詩人は「歌の力」にあらためて気づかされ、再びペンをとります。ちょうど同じ頃‥‥大震災の衝撃にやはり芸術家としての葛藤を強く感じていた気鋭の作曲家・上田真樹は、〈音楽にはなにか力がある。音楽で何かができるのであれば、音楽で何かをしたい〉という思いにかられていました。しかも、音楽大学で教壇に立つ彼女の周りの学生たちからも、〈音楽で何かをしたい〉という声が自然発生的に沸き上がっていたのです。その強い願いとエネルギーを、まずかたちにしなければいけない。そこで作曲家にできることは、曲を創ること。──上田真樹は学生たちの思いに応え、その願いをのせて歌われる新しい曲を創ることを考えます。そこで、全音楽譜出版社の編集者に相談し‥‥被災地で〈復興の歌〉として歌われているあの《あすという日が》の作詞家・山本瓔子を紹介されるのです。詩人と作曲家、ふたりの縁がここで結ばれます。そして、《あすという日が》の大反響にこたえるアンサーソングともなく新作が生まれることになりました。──これが《心に花を咲かせよう》です。
「《心に花を咲かせよう》プロジェクト」始動
歌のちから、音楽のともす希望の灯火を分かち合うため、被災地への訪問演奏をおこないながら、現地の人々との交流を通じて、東日本大震災の復興支援へ一助となることを目指そう──学生たちは、この新曲を中心に「《心に花を咲かせよう》復興支援コンサート」へ向けたプロジェクトをスタートさせました。2011年の秋のことです。
被災地での活動に先立って、まず2012年3月CD録音がおこなわれることになりました。指揮は、世界的な活躍を拡げる若手指揮者の筆頭格・山田和樹。内外の名門オーケストラを指揮するほか、東京混声合唱団など合唱指揮の経験も豊富です。朗らかな彼の指揮とともに、参加メンバー全員の気持ちが一体となった歌唱が、一枚のアルバムに結実しました。

img06b.jpg   img08b.jpg


CDjk.jpg

【CD】心に花を咲かせよう
assocbutt_or_buy._V371070157_.png

score.jpeg
【楽譜・混声合唱編】
assocbutt_or_buy._V371070157_.png

score_women.jpeg
【楽譜・女声合唱編】
assocbutt_or_buy._V371070157_.png

被災地での演奏活動、招待演奏
2012年9月アルバム発売と同時期に行われた東京での心の復興コンサートに続いて、メンバーは被災地での活動をスタートさせました。2012年11月には宮城県亘理町を訪れ、仮設住宅でのキャラバンコンサートを行い、2013年3月と9月には岩手県宮古市での心の復興コンサートを開催しました。また、各地の音楽祭や復興コンサートにも招かれており、2012年10月には岩手県一関市で開催された「第23回東日本合唱祭」への出演、また2013年3月、2014年3月には、宮城県仙台市で開催された「みんなでつくる復興コンサート」に出演、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演しました。また、2014年9月には岩手県宮古市で開催された「宮古市産業まつり」に招待され、その歌声を響かせました。
「復興庁《緊急スクールカウンセラー等派遣事業》」としての活動を開始
心に花を咲かせよう合唱団は、こうした演奏活動のほかに、被災地の小学校・中学校・高校を訪れ、合唱指導を通じて心の交流を図る活動も行っています。2012年度から、心に花を咲かせようプロジェクトは被災地の児童・生徒たちの心のケアを図る復興庁(文部科学省)の《緊急スクールカウンセラー等派遣事業》に採択され、被災地の学校を訪れ合唱指導を通して、児童・生徒たちの学ぶ意欲、明日へ向かう力を引き出すお手伝いをしています。2012年は福島県1校と岩手県1校、2013年は岩手県3校、2014年は福島県2校、宮城県2校、岩手県2校に年間を通じて定期的に合唱指導に訪れ、またともにコンサートを行い、多くの生徒・児童のみなさんと、音楽を創り上げる喜びを分かち合っています。
「心に花を咲かせよう」プロジェクト実行委員会

     福永一博(実行委員長・心に花を咲かせよう合唱団代表)
     櫻田江美(心に花を咲かせよう合唱団副代表)
     坪田京子(心に花を咲かせよう合唱団)
     竹内伶奈(心に花を咲かせよう合唱団)
     坂元勇仁(事務局長・有限会社ユージンプランニング代表取締役)

     山田和樹(名誉顧問)
     上田真樹(名誉顧問)
     山本瓔子(名誉顧問)

     株式会社全音楽譜出版社
     キングレコード株式会社
     TBSホールディングス

お問い合わせ先
有限会社ユージンプランニング
〒101-0065
東京都千代田区西神田2-4-1 財団法人東方学会11号
電話 03-3239-1906
ファクス 03-3239-1907
URL  http://yujinplanning.com
Twitterアカウント  @YujinPlanning
Facebook  Infobox@yujinplanning




kokosite_top_1project.jpg
kokosite_top_2history.jpg
kokosite_top_3blog.jpg
kokosite_top_4youtube.jpg
kokosite_top_5inquiry.jpg
kokosite_top_6link.jpg